年齢相応の喪服とは?

30代ともなると冠婚葬祭の場に呼ばれることも増え、礼服・喪服を着る機会も増えるかと思います。

 

基本的に礼服・喪服はデザインなども考えると10年サイクルで買い替えるのが無難と考えられており、社会人になりたての頃に礼服・喪服を仕立てた方は30代に入って買い換えを検討するのもよいでしょう。

 

また、男女ともに30代に入ると体型に変化が表れやすくなってきます。ですから、その点も考慮すると若い時に買った礼服・喪服を着続けるというのはあまりおすすめできません。

 

ここではこれから礼服・喪服を着る機会が増えることも想定して、礼服・喪服の基本からおさらいし、そして30代に入った自身に合った礼服が買えるポイントを紹介したいと思います。

 

礼服・喪服の基本

まず礼服・喪服とは、冠婚葬祭の場に着ていくことのできる服を意味しており、フォーマルウェアとも呼ばれています。

 

こうまとめてしまうと、特に男性の場合は結婚式にもお葬式にも同じ服を着て行ってもよいのだろうか、と考えるかもしれません。この点に関しては詳しく後述しますが、同じものを着ていっても大丈夫な場合とそうではない場合がありますので注意しましょう。

 

そして礼服・喪服には、「ブラックフォーマルウェア」と「カラーフォーマルウェア」の二種類があります。この点は女性の方がわかりやすいかもしれません。

 

結婚式で真っ黒な服の女性はあまり見かけないでしょう。多くの方が色のついたカクテルドレスなどを着ているかと思いますが、これがわかりやすいカラーフォーマルウェアです。

 

結婚式などの慶事にはカラーフォーマルウェアを、お葬式などの弔事にはブラックフォーマルウェアを着るのが男女ともに基本です。

 

礼服・喪服と一言に言っても、このように二分してしまうとわかりやすいかと思います。もし礼服を購入しようと考えていらっしゃる方は、この点を念頭においておくと着ていく場面が想定されて買いやすいのではないでしょうか。

 

女性の礼服・喪服の選び方

30代女性の礼服・喪服の選び方の一番のポイントはそのサイズ感です。20代の半ばから30代にかけて、女性の場合妊娠・出産などを経験なさる方もいます。

 

さすがに妊娠後期にもなると手持ちの礼服が入らなくなる、あるいは妊娠を理由に冠婚葬祭の場に行かないということもあるので、そこまでカバーできるような礼服・喪服を揃える必要はありません。

 

しかしそういった経験の前後で体型が変わることも予想されるので、あまり購入時にぴったりなものは買わない方が良いでしょう。

 

ですから、30代女性の場合はワンピースタイプやアンサンブルタイプがおすすめです。

 

デザインも豊富なので、腰回りに少しゆとりのあるものを選んでみたり、あるいはそれが今の自分にあっていないと感じる場合はジャケットがセットになったアンサンブルタイプを選んでみたりするのも良いでしょう。

 

アンサンブルタイプの場合は一着持っているとどのような季節にも対応できるので非常に便利です。また、先述の通り30代にもなると何かと動き回らなければならなくなる時があります。

 

そういった意味でもタイトなものよりも少しゆとりのあるものの方が良いと言えます。女性の礼服・喪服は男性に比べて種類が豊富です。30代女性、機能性と落ち着いた雰囲気とほどよい若々しさのあるデザインの礼服を選びましょう。

 

30代女性向けの礼服・喪服とは

近頃の30代の女性は昔に比べてずっと若々しく、どのような服装でも似合う方が多いです。

 

しかし礼服・喪服を着用する場面というのは生活の中でももっともフォーマルな場です。そのため若く見られがちである、地味な服装が似合わないという方であっても年齢を考慮して20代の頃よりかは落ち着いた印象のデザインを選ぶべきでしょう。

 

たとえばリボンのついたものなどはあまり好ましくないです。取り外しができるタイプのものであれば取り外して着用する方が良いです。

 

また、20代の頃よりは少しグレードの高いものを着用すべきでしょう。これは男性にも同じことが言えますが、年齢に合わせて価格帯も上げていくのがよいです。

 

30代にもなると何かと冠婚葬祭の場ではお手伝いなどを頼まれて動き回ることも増えてきます。

 

ですから縫製のしっかりしたものを選ぶという意味でも少々値の張るものを購入しておいた方がいろいろな場面において後悔が少なくなるでしょう。

 

30代女性に人気アパレルブランドの礼服・喪服
ブランド名 特徴 詳細
組曲 NOIR

いつの時代も変わらず愛される飽きのこない質の良さが特徴の「組曲」のブラックフォーマルラインです。 豊富なパターンがそろっているので、自分の好みに組み合わせることもできます。

詳細
クレイサス カメリアのロゴマークで人気のクレイサス。クレイサス自体は20代のイメージがあるかもしれませんが、デザインを選べば30代でもピッタリなブラックフォーマルもあります。 詳細
AIMER(エメ) パーティードレスを中心に扱っているエメ。繊細で上品な女性らしさを表現したブラックフォーマルが多数あります。小物類も都会的でおしゃれです。 詳細
BEAMS 30代に人気のBEAMSはブラックフォーマルラインがあるわけではありませんが、フォーマルワンピースは数種類取り揃えています。その中で喪服として切れそうなデザインのものもあるので、チェックしてみると良いかも。 詳細
自由区 百貨店にも店舗がある自由区は、WEB限定でブラックフォーマル3点セットが発売されています。細見えするデザインが特徴的です。 詳細

 

 

男性の礼服・喪服の注意点

慶事はカラーフォーマルウェア、弔事はブラックフォーマルウェア、と言われても男性の場合、女性のように赤やピンクなどはいくら慶事でも着ません。

 

紺やグレーという選択肢はありますが、黒のフォーマルウェアならば慶事でも弔事でも着ても良いのでは、と思われるのではないでしょうか。確かに、黒のフォーマルウェアならば慶事でも弔事でも着ることは可能です。

 

ただし、慶事の場合は全身真っ黒だとマナー違反になります。ですから、ネクタイは基本的には白のものを着用します。うっすらとストライプなどが入っているものも大丈夫です。

 

色の入ったものもマナー違反ではありませんが、自分よりも年配の方や主賓より目立つのは好ましくないので、周りがどういった服装で来るのかを完全に把握できていない場合は無難な白のネクタイがよいでしょう。

 

また慶事の場合であれば。光沢のある礼服も着用可能です。逆に弔事の時は光沢のあるものはマナー違反ですので、こういった礼服は慶事と弔事を兼用できないもの、と考えましょう。

 

ベスト・ジレに関しては、慶事の場合は着ている方も少なくありません。弔事の場合も着用がマナー違反とまではいきませんが、あまり着ている人はいません。できるだけ簡素な方が良いというのが弔事の基本なので、ベスト・ジレは着ない方が無難と言えます。

 

30代男性向けの礼服・喪服とは

30代ともなると20代の頃よりも冠婚葬祭の場に呼ばれる機械も増え、そしてその呼ばれる冠婚葬祭も自分とより親密な人のものに呼ばれるなど重要度が増してくるでしょう。

 

そういった場に呼ばれる以上、20代の頃と同じような感覚、礼服・喪服で行くのはよろしくありません。

 

20代も前半の頃であれば冠婚葬祭の場にはスーツで行ってもあまりとやかく言われなかったかもしれませんが、さすがに30代になったならばきちんと礼服・喪服は揃えましょう。

 

礼服・喪服は安いものだと3万円前後から購入が可能ではありますが、もう少し値の張るものが無難と言えます。ペラペラの礼服ではさすがに大人としての品位が問われる年頃ですので、5万円前後を予算に見ておくのが良いかと思われます。

 

また、ジャケットの形にはシングルとダブルがありますが、若い方にはシングルが好まれますが、30代であればどちらでも構わないでしょう。自身の雰囲気などを親しい方や店員に見てもらい似合ったものを選ぶことがベストです。

 

男性も女性も、30代は大きな変化の時です。それは身体的なものもありますが、会社や社会における自身の立場も含まれます。

 

そして礼服・喪服を着る場面というのはそういったものが現れる場でもあります。ですから30代になって礼服・喪服を買おうと考えていらっしゃる方は慎重になって礼服・喪服を選ぶべきなのです。

 

もっとも、その礼服・喪服を着るのは自分自身です。自分自身の立場や体の変化などをしっかりと見つめて合うものを購入できるようにしておきましょう。

 

購入の際には店員さんの意見などを取り入れるのもよいでしょう。ここに書いたのはあくまでも30代で礼服・喪服を新調しようと考えていらっしゃる方に向けての概論ですので、そういった生の人の声を取り入れるのもよりよい礼服を選ぶコツです。